渋谷の小児歯科クリニックで予防指導を受ける

渋谷の小児歯科クリニックでは、子供の虫歯を予防したいという相談を多数受け付けています。


欧米では予防のために歯科医院に通うという予防歯科の考え方がメインですが、その考え方が少しずつ日本でも浸透してきています。



渋谷の小児歯科クリニックでは、年代別にポイントを整理した予防指導をしています。

3歳前後は、奥歯の臼歯も含めて乳歯が生えそろう頃です。
この頃は奥歯が生えて間もないということもあり、歯の質はまだまだ弱く虫歯になりやすい時期です。

また年齢的にもいろいろな物を食べ、歯磨きも自分でという年代です。

しかし、奥歯は生えたばかりでまだ他の歯に比べて低く、歯ブラシの毛先が届きにくい状態です。



さらに生えたばかりの奥歯の溝は深く、汚れが溜まりやすい状態です。


渋谷の予防重視の小児歯科クリニックでは、この年代の小児の患者さんにはフッ素と保護者による仕上げ磨き、シーラントの処置を中心にした予防指導をしています。

フッ素には、歯の表面のエナメル質を酸に強い構造に作りかえる作用があります。

渋谷の病院技術のご紹介です。

この作用は生えたての歯に特によく働くので、低年齢のうちから繰り返しクリニックで塗布を受けることで虫歯に対する抵抗性を高めることができます。

フッ素は、よく磨けていてプラークが付いていない状態の歯により効果を発揮します。
そのため渋谷の小児歯科では、自立心の芽生えた子供が自分で歯磨きをした後の保護者による仕上げ磨きの指導もしています。またシーラントは、主に奥歯の深い溝を樹脂で埋める予防処置です。

渋谷の小児歯科クリニックで定期的に検診を受けていれば、適切な時期に奥歯へのシーラント処置を受けることができます。