渋谷の小児歯科クリニックで食生活のアドバイス

渋谷には予防指導を重視する小児歯科のクリニックがあり、子供の虫歯を予防したいという保護者の方が多く相談に来院しています。この渋谷のクリニックでは、虫歯ができてしまうメカニズムを保護者の方にわかりやすく解説しています。

虫歯は、口の中に常在する細菌による感染症のひとつです。

渋谷の内科の情報検索ができます。

虫歯の原因菌は、食事の時に口の中に入ってきた糖分をエネルギーにして酸を作りだします。歯の表面は酸にとても弱く、この虫歯菌が作り出す酸により溶けてしまうのが虫歯です。

虫歯の菌はいつも口の中にいるので食べ物や飲み物が口の中に入ってくる度に酸が作られます。



そして飲食をすると歯の表面が少しずつ溶け出しています。この状態が続くと虫歯が進行してしまいますが、唾液にはこの溶けた歯の表面にカルシウムなどのミネラルを補給して修復する働きがあります。歯の表面が溶け出す現象は脱灰、唾液による修復作用は再石灰化といわれます。

そして、脱灰ばかりが進んで再石灰化が間に合わないと虫歯が進行してしまうメカニズムです。

渋谷の小児歯科クリニックでは、再石灰化を促す食生活による虫歯予防の指導をしています。

食べ物が口の中にある時間が長いと、虫歯の原因菌が活発に活動し酸を生成します。

逆に食事と食事の間に一定の時間があれば、唾液による再石灰化が行われます。



この仕組みから、渋谷の小児歯科クリニックではだらだら食べを避ける食生活のアドバイスをしています。食事が済んだら丁寧な歯磨きで口の中の糖分などをリセットし、食事と食事の時間をあけることが最石灰化促進のポイントです。