渋谷の小児歯科クリニックで年代別の虫歯予防

渋谷には予防指導に力を入れる小児歯科のクリニックがあります。

渋谷の予防重視の小児歯科クリニックでは、年代に合わせた虫歯の予防指導をしています。

虫歯は口の中に元々いる細菌による感染症の一種です。
虫歯の原因細菌は食べ物や飲み物の糖分を使って酸を作ります。


この酸で歯の表面が溶かされてしまうのが虫歯です。
生後半年を過ぎると、前歯から順番に乳歯が生え始めます。

20本の乳歯が生えそろうのは3歳前後です。



虫歯は細菌が原因で起こる病気なので、歯が生えたらまずは細菌に感染させないことが重要です。



予防重視の渋谷の小児歯科クリニックでは、虫歯のメカニズムを保護者の方にわかりやすく解説しています。

その上で、3歳ぐらいまでの子供さんにおいては周りの大人の唾液からの虫歯菌感染を極力避けるために食器の共用や口移しをしないようにアドバイスをしています。



また歯の表面は酸に対して大変弱いという性質を持っていますので、酸性度の高い飲み物の与え方についても指導を行っています。
予防に力を入れる渋谷の小児歯科クリニックでは、歯が生えたらできるだけ早いうちから小児歯科を受診する習慣を持つように勧めています。

これは、歯が生えたら適切な歯磨きをする必要がありますが、歯並びや歯の形によって適した歯磨き方法は違ってくるので小児歯科での指導が大切だからです。
またもしも治療が必要になっても、低年齢のうちから歯医者さんに通って慣れておけばスムースに治療が受けられるというメリットもあります。