渋谷の小児歯科クリニックで六歳臼歯の虫歯予防

渋谷の小児歯科クリニックでは予防指導を重視していて、年代に合わせたアドバイスをしています。

乳歯が生えそろい、6歳前後になると乳歯列の一番後ろに初めての永久歯が生えてきます。



この歯は第一大臼歯といいますが、生えてくる年齢から一般には六歳臼歯と呼ばれています。



渋谷の小児歯科クリニックでは、この年代の小児では六歳臼歯に重点を置いた予防指導をしています。

というのは、六歳臼歯は大変むし歯になりやすい歯だからです。
その理由は、乳歯列の一番後ろに最初に生えてくる永久歯であることから萌出に気が付かないことが多く、最初は他の歯よりも低いので普通に歯磨きをしていては六歳臼歯をきれいに磨くことができないからです。



さらに、六歳臼歯の表面には深い溝があって汚れが溜まりやすい状態です。渋谷の小児歯科クリニックでは、この悪条件のそろった六歳臼歯を歯磨き指導・シーラント処置・フッ素塗布で予防指導しています。

六歳前後は就学の時期にもあたり歯磨きも自分でする頃ですが、六歳臼歯が生えきるまでは保護者の仕上げ磨きが必須です。渋谷の小児歯科クリニックでは、六歳臼歯の位置を保護者と一緒に確認しながら歯ブラシのあて方などを教えてもらえます。シーラントは、歯の表面の深い溝を樹脂で埋める予防処置です。

溝を樹脂で埋めることで汚れが溝に溜まるのを防ぎ、虫歯が予防できます。


また生えたばかりの六歳臼歯は表面が軟らかく、虫歯菌の出す酸に対する抵抗力がありません。

ここにフッ素が作用すると、歯の表面が酸に強い構造に代わり虫歯になりにくくすることができます。


フッ素は繰り返し塗布することでより虫歯予防効果を発揮するので、渋谷の小児歯科クリニックでは年に何回かの定期的な間隔でのフッ素塗布を勧めています。